Zabbix - 承認フロー付ジョブ実行

本番システムで障害等が発生した場合、復旧、情報収集などで既存のJobnetを実行したい場合などがあります。
セキュリティの事を考慮すると担当者が独自の判断で、本番システムへアクセスするのは好ましくありません。
Redmineのワークフロー処理とJob Arranger for Zabbixを連携させる事で、担当者が実行したいJobNetをチケットとして起票し管理者が承認する事が可能になります。
  • 既存JobNetを利用した復旧処理
  • 既存JobNetを利用した情報収集
  • 踏み台サーバへのアクセス許可
  • クラスタソフトウェアのActive/Standbyの切替
Zabbix - 承認フロー付ジョブ実行