Zabbix - Redmine インシデント管理 チケット管理

Zabbixには、簡易なイベント管理機能がついていますが、チケット(インシデント)として管理するためには、機能が不足しています。
Redmineは、チケット(インシデント)を管理する為の柔軟で豊富な機能が備わっていますので、小規模から大規模なシステムまで様々な対応が可能です。
弊社では、ZabbixとRedmineを自動的に連携するソリューションをご提供しています。
さらに、Job Arranger for Zabbixと連携させれば自動復旧、自動データ収集等を加えた総合的な自動化を実現する事ができます。
弊社よりZabbixの保守を購入されている場合、連携ツールを「無償」でご利用およびサポートを受けることができます。

Redmine連携機能

Zabbixで、検知したイベント(障害)をRedmine(http://www.redmine.org/)に新規チケットとして自動的に登録する機能です。
Redmineは、"Ruby on Rails framework"上で動作するオープンソース(OSS)のプロジェクト管理Webアプリケーションです。
Redmineの豊富な管理機能を利用してチケット(インシデント)管理をする事が可能になります。
  • ZabbixのActionから連携しますので、Zabbixが提供している豊富なマクロ機能を利用して、ITEM,TRIGGER,EVENT,その他のデータをRedmineのチケットに登録できます。
  • 登録するProjectを指定することができますので、障害が発生したホスト、アプリケーションなどに合わせて、チケットの登録先プロジェクトを変更することができます。
  • 登録時のアサイン担当者を指定することができますので、障害が発生した曜日、時間に合わせて初期登録の担当者を変更することができます。
また、登録したTicket番号をZabbixのコメントに自動反映することも可能です。
チケット(インシデント)管理としてRedmineで利用できる主な機能
※RedmineのProjectを各専門のサポートチームとして考えます。
  • Ticketのステータス管理によるワークフロー制御
  • Ticket種別毎に異なるワークフロー設定
  • 重複ユーザグループ設定
  • Project(管理システム)単位での重複ユーザ権限設定および権限に基づくワークフロー制御
  • Ticketの処理時間計測
  • 複数Ticketを関連Ticketとしての紐付け登録
  • 独自Fieldの追加
  • TicketをCopyして、障害対応とBug Fixを異なるTicketとして登録
  • Ticketを子Projectまたは、他のProjectへ移動可能
下記は、Zabbixで検知した問題をRedmineへ新規チケットとして自動登録し、Closeするまでのチケットの遷移をイメージ化したものです。
zabbix redmine workflow

機能追加、修正および、一括導入支援等、お気軽にお問い合わせください。Zabbix Next Page